花と写真でHappyを届けよう!あおいとりコーポレーション飯田英里

オススメのカメラについて

  • HOME »
  • オススメのカメラについて

おすすめのカメラについて

これからご購入をお考えの方に。
デジタル一眼の進歩は目覚ましいものがあります。レッスンでは、ISO感度3200以上の一眼デジタル、ミラーレス一眼のみとさせて頂いております。

ISO感度を指定しているのは、新しい技術でしか可能でない表現力があるためです。階調(黒から白への滑らかなグラデーション、というと分かりやすいでしょうか)に、デジタル一眼の出始めの頃との差を感じます。カメラメーカーも、新しいカメラの開発に、日夜しのぎを削って、頑張っています。ここは新しいカメラを是非。パソコンのOSと同じです。買い替えも必要です。

デジタルカメラの性能は、年々、目覚ましくクオリティが上がっています。初心者の方には、綺麗な画像、操作の簡潔さを考え、ISO感度3200以上とさせて頂きます。
ご経験者の方は、どのようなカメラでも結構です。現在お持ちでない方で、何をご購入されるか迷っておられる方には、一眼デジタルを、オススメしております。ミラーレス一眼は、軽い点で、魅力的だと思っていますが、小型化のために、メニュー操作を少ないボタンに集約しており、一眼レフカメラをご理解いただいてからのほうが、迷いなく操作がしやすいと感じております。2台目には、宜しいのではないでしょうか。

私の個人的なお勧めですが、キャノンEOSキスデジタルの最新機種が、機能、性能ともにオススメです。(あくまでも私見です。もちろん、他メーカーカメラでも受講できますので、ご安心ください)現在は、手の小ぶりな方には、EOS kiss X9i (EF-S18-135 IS USM レンズキット)手が大きめ、ボタンも独立して大きいほうがご希望の方には、EOS 9000D・EF-S18-135 IS USM レンズキットを、オススメしております。
意外と、買い替えのときに、EOS Kissデジタルではなく、EOSを選ばれる方が多いですが、小柄な方が使いこなしているので、大きさ、重さは好きなら関係ないのだなと感じています。

ニコンの上位機種も、非常に魅力的です。ニコンはレンズも魅力的です。が、初心者の方が購入しやすい価格のエントリー機で、上位機種と差別なく、機能が良いという点で、キャノンをオススメしております。私は、あくまでも写真の画質にこだわっているので、キャノン、ニコンの本体のクセや、レンズにも魅力で、どうしても2社推しになってしまいます。センサーの小さいフォーサーズシステムのカメラは推薦しておりませんが、センサーが小さい分、軽い、値段も安い、という点では評価しておりますので、2台目か、3台目に如何かしら、と思っています。

どのメーカーのカメラも、魅力的な点はございます。写真を撮るというだけではないトータルデジタル家電としての魅力をもったカメラ、昔から培ったノウハウが特化しているカメラ、熱烈にカメラにはまるか分からないなら、価格的に安心感のあるカメラ。どれをお選びになるかは、そのときの優先具合で、最終的にはお決めになられてください。

また、レンズも指定はしておりません。はじめて手にされるカメラには、標準装備されているキットレンズ1本で宜しいのではないかと思います。その後、何を撮りたいと思うか、今のレンズで何が不満か、という気持ちが出来てから、2本目のレンズをお選びいただきたいと思います。レンズは一生の財産なので、慎重に、お仲間に迎えてくださいね。レッスンでも、レンズ選びについてお話いたします。

基本として私がとっている立場は、「貴女の人生に、写真が大きく入り込んで来ると思う」という、ワクワク状況になったら、機材に投資し始めればいいのではないでしょうか?ということです。

無料レンタル用の一眼デジタルもご用意しました。買い替えを検討されている方には、教室用にキャノンEosキスデジタルx7が1台ございますので、1回目の授業の際に、お貸しすることは可能です。いずれにせよ、2回目の授業の際、宿題の提出がございますので、カメラの所有は、お早目にお願いします。教室に1台、一人1台ではございません。教室内のみの無料レンタルです。ご了承ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

あおいとりコーポレーション飯田英里

あおいとりコーポレーション飯田英里

 

お気軽にお問い合わせください。追って、こちらよりご連絡差し上げます。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

PAGETOP
Copyright © あおいとりコーポレーション飯田英里 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.